無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 3月は旅はお休みします

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ベトナム

-,

ベトナム旅(2020年1月)をざっと振り返ります、オススメの地域は中部です

   

投稿日:2020-03-05 更新日:

こんにちは。

前回の費用集計記事に続いて、今回は旅をざっと振り返る回です。

個別の記事はタグの2020旅-1からご覧ください。

こうして並べてみると、8日間でかなり色々とありましたねー。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ベトジェットエア


↑飛行機

成田⇒ホーチミンシティ / ダナン⇒羽田

という航空券が、合計で22,150円でした。

ベトジェットエアは安くて嬉しいです。


↑地図

こんなルートで旅しました。

ホーチミンシティ⇒ニャチャン⇒ダナン⇒ホイアンの順です。

 

ホーチミンシティ


↑戦車

まずはホーチミンシティへ。

ベトナム戦争証跡博物館は、かなりショッキングな展示もあり、心に深く残っています。

『平和の大切さを再認識できた』という意味で、とても有意義な見学になりました。

ぜひ訪れて欲しい場所です。


↑施設

統一会堂にも行きました。

歴史的に重要な場所ですが、今では定番の観光スポットでもあります。


↑公園

テト(旧正月)の準備で、町中で色々な準備をしていました。

私はその前に帰国してしまいましたが、本番も見てみたかったですねー。

ものすごく盛り上がるんでしょうねー。


↑市場

ベンタン市場はとても強烈でした笑

色々な物が売られていますが、『値引き交渉のテクニック』も必要になります。

あまり自信の無い人は、見るだけにした方が無難かもです。


↑旅仲間

2018年の台湾旅で会ったYさんと再会しました。

ベトナムの文化とか生活とかを教えてもらい、私もベトナムがより好きになりました。


↑バス

ホーチミンシティで2泊して、夜行寝台バスで次の町へ。

こういうバスは以前も乗った事がありましたが、一番後ろだけシートがくっついてるのは初めて知りました。

なかなかに過酷です……

これから乗る予定の人は、ぜひ独立シート(一番後ろ以外)を指定しましょう。

 

ニャチャン


↑大仏様

2都市目は南東部の町のニャチャンです。

日帰り観光なので、荷物を背負ったままあちこち行きました。

ここはロンソン寺です。

 

Grabのバイクタクシーも初めて利用しましたが、とても便利で快適で良かったです。

もはやベトナム旅では必須のように思えるくらいです。


↑ビーチ

ニャチャンはビーチリゾートとしても有名です。

静かで落ち着いた雰囲気が、実に私好みです。

 

この後に行くダナンと比べても、『気軽さ』はニャチャンの勝ちかなと思います。

ビーチ付近の飲食店も多いですし、一人旅でゆっくりするのに良い町です。


↑スパ

アイリゾートという施設で、泥スパにも入りました。

温泉プールとか売店とかもあって、ゆっくりできる場所です。

一人でも寂しくなく、楽しくリラックスできました。

(とはいえ、グループで行った方がもっと楽しいとは思いますが)


↑バス

そして2日連続で夜行寝台バス

またしても一番後ろのシートです。

 

ちょっと頑張り過ぎちゃいましたね。

こういう疲労の蓄積で、帰国後に体調を崩してしまいましたので……

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ダナン


↑ビーチ

3都市目はダナンです。

今回の旅で一番気になっていた町ですが、想像以上に凄かったです。

このビーチだって、なんか東南アジアに見えませんよね。

ゴールドコーストとかハワイみたいな雰囲気にも思えます。


↑街並み

町のエリアも、とても良かったです。

特にハン川沿いの遊歩道がとても気に入りました。

ライトアップが綺麗で、治安も良いので、夜でも安心して歩けると思いました。


↑洞窟?

五行山も強く印象に残っています。

この縦穴洞窟みたいな場所、とても一般の見学通路には見えないですよね。

無茶だなあと思いつつも、色々と楽しくて良かったです。

 

ホイアン


↑街並み

ダナンで2泊してから、最後は歴史ある町のホイアンです。

これで3回目の来訪になります。

前から好きな町ですが、やっぱりホイアンは最高だなと思いました。

 

綺麗な街並み。

静かでのんびりした雰囲気。

ショッピングや食事も落ち着いてできる。

などなど、魅力たっぷりすぎです。


↑川

夜になると町と川と船に灯りがともり、幻想的な美しさになります。

ダナンから1時間くらいでホイアンに移動できますし、ぜひセットで訪れて欲しい町です。


↑カフェにて

ホイアンといえば、Aさんと店員さんとのエピソードも印象深いですね。

無職旅ではこういう展開は初めてですし、色々と緊張しましたが、無事に作戦遂行できて良かったです。


↑スーパーマーケット

ホイアンで1泊したあと、ダナンのスーパーマーケットで買い物をして、歩いてダナン空港に移動。

そして帰国しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ベトナム料理


↑ベトナム料理

ここからはベトナム料理の話です。

ベトナム料理といえばなんと言っても『フォー』ですよね。

私も毎日のように食べました。

 

これはホーチミンシティの『フォークイーン』というお店にて、『ビーフシチューのフォー』です。

とても美味しかったです。


↑ベトナム料理

ホーチミンシティのベンタン市場内のお店で、アイスコーヒーと揚げ春巻きです。

こういう『なにげない場所』で食べたものが、やたらと美味しかったりします。

さすが本場だなあと思いました。


↑ベトナム料理

ホイアン名物のホワイトローズ

オリジナルのワンタンを揚げた料理なのですが、口の中でとろけるような食感が独特でした。

ホイアンを訪れた際は、ぜひ食べて欲しい料理です。

私も毎回必ず食べています。


↑飲み物

ホイアンで飲んだココナッツアイスコーヒーです。

この美味しさは衝撃的でした。

濃いベトナムコーヒーと、濃いココナッツが、持ち味を生かしながらしっかり融合しています。

 

『日本でタピオカミルクティーの次に流行るのは、ココナッツアイスコーヒーではないか?』

と思うくらい美味しかったです。

 

宿泊


↑ホステル

ベトナムは宿泊費が安いのも嬉しいです。

どういう事情か分かりませんが、東南アジアでも一番安いのでは?と思います。

 

これはホイアンで泊まったLEO LEO ホステル

詳細情報はこちら⇒Leo Leo ホステル(ホイアン、ドミトリーで566円) 全ての要素が水準以上で快適な安宿です

一泊566円は十分に安い気がしますが、これでも安宿の中では高い方なんです。

300円前後の安宿もたくさんありますので。


↑ホテル

ダナンでは珍しく贅沢して、センリバーホテルに泊まってみました。

詳細情報はこちら⇒センリバーホテル(ダナン、シングルで4,891円) 場所が良い、部屋が良い、景色が良い、ダナン旅行に強くオススメのホテルです!

 

さっきのダナン夜景の写真も、この部屋から撮影したものです。

もちろんベトナムの物価からするとかなり高額ですが、5,000円弱でこんな部屋に泊まれるのは、本当に嬉しいです。

東南アジア旅の醍醐味である『安く贅沢できる』というのを、強く再認識できました。

 

ちなみにベトナムで泊まった宿情報は、別ブログにまとめてあります。

よろしければ合わせてご覧ください。

ホテル情報まとめ⇒「ベトナムのホテル」 一覧

 

ベトナムでオススメの地域


↑地図

南北に長いベトナムですが、個人的には中部をオススメしたいと思いました!


↑地図

拡大するとこうなります。

羽田空港からダナンに、ベトジェットエアの直行便があります。

ダナンからフエはバスで3~4時間、ホイアンへは1時間くらいです。

 

例えば1週間くらいの旅程でしたら、

フエ2日、ダナン3日、ホイアン2日

という割り振りだと、忙しすぎずに色々と楽しめていいかなと思います。

他の大都市に比べて交通量も少ないので、歩きやすいというのも良い点です。

 

まとめ

そんな感じの、『ベトナム旅2020を振り返る記事』でした。

これだけ楽しんで総額52,340円だったのですから、コスパ的にも大満足でした。

参考記事:ベトナム旅の費用集計&まとめ2020 8泊9日で52,340円、物価が安くて楽しくて嬉しいです!

 

ベトナムは町も人もエネルギッシュすぎるので、戸惑う事もありますが、それもまた楽しいと思います。

色々なことをひっくるめて、ベトナムは魅力的だなと思います。

ぜひまた行きます!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ベトナム
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.