無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チェコ

10/10チェスキー・クルムロフ城、ヴァーツラフの地下室が怖くて芸術

   

投稿日:

2019/10/10に、チェスキー・クルムロフを散歩している続きです。

お城の庭園から坂道を下っています。

雨が強くなってきました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

お城の展望台


↑カフェ

お城の上の展望台にカフェがありました。

雨宿りも兼ねて、ちょっと休憩しましょう。

時刻は12:45です。


↑おやつ

ラテマキアート 60チェココルナ(≒276円)

綺麗な町を見ながらのラテマキアート。

とっても優雅なひと時です。

ちなみにビールは100円ちょいなので、半額以下で飲めます。


↑展望台


↑街並み

雨が止んで日が差してきたので、街並みを撮影しました。

本当に美しい町ですね。

ずっと見てても全然飽きません。


↑お城

ちょっとだけ移動して、お城の橋から景色を見てみます。


↑街並み

比喩じゃなくて、本当に見とれてボーっとしてしまいました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ヴァーツラフの地下室


↑地下室

あれっ?

ここは初めて気づきました。

ヴァーツラフの地下室という場所です。

また雨も降ってきたので、ゆっくり見学していきましょう。


↑地下室

入場料は70チェココルナ(≒322円)

かつては牢獄だったそうです。

ちょっと怖い雰囲気です。


↑展示

ん????

写真がいっぱい貼ってありますが、なんでしょう???

値段みたいなのも書いてありますし。


↑地下室

うわああああ怖い!!!!

なんですかこれは!?

人間っぽいけど、プロポーションが少し違います。

腕もありません。

っていうか街灯の根元が指です。


↑地下室

水飲み場も入れ歯っぽいです。


↑地下室

ドラム缶に足が生えています。

どうやらこちらは『現代陶器デザイン』の展示室のようです。

 

なるほどね。

そういうことね。

って、全然解りませんよ!


↑地下室

現代陶器デザインって、本当にこういう事を言うんですかね???

腕の無い人間(のようなオブジェ)が、色々なポーズをとっています。


↑地下室

めちゃめちゃ怖いです。

『触っちゃダメよマーク』がありますが、

もし許可されても絶対に触りませんから。


↑地下室

あまり人気がないのか、私の他にお客さんが1人もいないところが、さらに怖い気持ちになります。


↑地下室

芸術ってのは難しいものですねえ。

ちなみに展示物は売り物でもあるようです。

入口の係員さんに相談すると、購入できるようです。


↑記念撮影

無理した笑顔で記念撮影。

自分なりのホラー感を表現してみました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

地下室の2階展示室


↑展示室

2階の展示室は普通でした。


↑展示室

と思ったけど、やっぱり難しいです。

テーブルにドアノブが無数にくっついています……


↑展示室

モナリザ???

そんな感じで、ヴァーツラフの地下室を30分ちょい見学しました。

とてもいい経験ができました。

 

チェスキー・クルムロフ城


↑白

地上に戻りました。

壁の凹凸は絵なのですが、かつてこういう手法が流行った時代があるらしいです。


↑白

雨も止んで、多くの観光客で賑わってきました。

団体さんも多いです。


↑熊

城の入口には熊がいます。

2年前は見られませんでしたが、今日はしっかり見られました。

少なくとも3頭の熊を目視確認できました。

 

それでは引き続き、町中を散歩してみます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-チェコ

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.