無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ベトナム

-, , , ,

5/17ハロン湾日帰りツアーその2 いい景色とか洞窟を見てハノイに戻ります。 イヤァオ!!

   

投稿日:2019-05-21 更新日:

2019/5/17に、ハロン湾日帰りツアーに参加している続きです。

小さな手漕ぎボートに乗って、洞窟などを楽しんでいます。

記念撮影も忘れません。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ハロン湾日帰りツアー


↑船

約30分の周遊ののち、メインの船に戻りました。

時刻は14時ちょうどです。


↑景色

ハロン湾は2005年に来た事があるので、14年ぶり2回目の来訪となります。

その時よりも今回の方が、感動度が強い気がします。

その後世界中を回りましたが、こんな場所は他にありませんでしたから!

 

よく比較話題に出るのは、中国の『桂林』ですよね。

確かに似てる部分はありますが、やっぱりハロン湾の景色はオンリーワンだと思います。

 

闘鶏岩


↑岩

これは闘鶏岩と呼ばれています。

確かに鶏が対面しているように見えますね。

 

洞窟


↑入り江

14:30、洞窟散策のために上陸しました。

おそらく『ティエンクン洞窟』だと思います。


↑洞窟

広くて立派です。

すれ違った日本人男性が

「わー、こんな立派な鍾乳洞、生まれて初めて来たよー!!」

って大感激してました。

私もそれなりに喜んでいます。


↑洞窟

光が差し込んでいるのが綺麗です。


↑洞窟

背骨みたいな柱とか、池とか、植物とか。

けっこう見ごたえがありました。


↑売店

洞窟を出ると、売店とか遊歩道がありました。

船で同じテーブルだった仲間と合流して、一緒に記念撮影したりしました。

韓国人4人、アメリカ人1人、そして私という構成です。

 

ところでプロレスの中邑真輔選手は、アメリカでとても有名だと聞いています。

実際のところどうなのかと思って、実験してみました。


↑モノマネ

アメリカ人に撮影を頼んで、中邑真輔選手のモノマネをしてみました。

 

「じゃあ撮るよ……OK」

「ありがとうございます」

特に反応してもらえませんでした。

てっきり「ワーオ! ナカムラ! ナカムラ!」って大騒ぎしてくれると思ったのに……

 

ちなみにこのポーズ、けっこう大変でして。

顔が引きつっていて怖いので、ボカシを入れさせていただきました。


↑売店

遊歩道のあとにも売店がありました。

店員さんが素敵なアオザイ姿だったので、写真を撮らせてもらいました。


↑おやつ

コカコーラ 2万ドン(≒100円)

暑い日に飲むコカコーラはいつも最高です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336


↑おやつ

15:15、洞窟散策を終えて船に帰りました。

おやつにフルーツが出てきました。

素晴らしいサービスです。


↑景色

ハロン湾は世界遺産に登録されています。

景色を楽しみながら、港に戻りました。

 


↑バス

3時間ちょいのボート遊覧を終えて、港に戻りました。

15:45、バスに乗りました。

本当に正直な感想として、ちょっと物足りなかったかなーという気持ちもあります。

 

もっとゆっくり色々な岩を見て、できれば夕焼けとかも見たかったです。

でも日帰りツアーだから仕方ないんですよね。

ハノイからハロン湾へは、片道3~4時間くらいかかりますし。

 

あ、楽しかったのは間違いないですよ!!

『物足りない』というのは、『もっと長く滞在したかった』という意味ですからね!


↑景色

というわけで、スケジュールに余裕がある人は、1泊とか2泊のツアーをオススメします。

ハロン湾のカットバ島に泊まるのも楽しいですしね。


↑施設

サービスエリアで休憩タイム。

行きに寄った施設とよく似ていますが、違う施設でした。

 

ハノイ


↑街並み

19:30、ハノイに戻ってきました。

ホアンキエム湖の歩行者天国を楽しみながら、ホテルに戻りましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ベトナム
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.