無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

埼玉県

-

3/3埼玉県を観光 石田堤、忍城、十万石まんじゅう総本店など

   

投稿日:2012-03-04 更新日:

友人のカイタロウ君と一緒に、なんとなく地元を散策してみました。

IMG_3335
↑観光地

まずは埼玉県行田市にある石田堤に来てみました。

・石田三成が作った堤防的なもの
・城を水攻めするために作られた

予備知識はこれだけです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

石田堤

IMG_3332
↑駐車場

来訪者は我々だけでした。

IMG_3331
↑観光地?

さて、、、どこをどう見学したら良いのやら、、、

ちょっと土がこんもりしていて、松が植えてあるところが重要なのかな?

謎を謎のままにしつつ、特に学習もせずに5分程で散策終了。

 

忍城

IMG_3354
↑観光地

続いては、「のぼうの城」でおなじみの忍城(おしじょう)
(埼玉県行田市)

・「のぼうの城」は小説とか映画で人気だった気がする
・これは復元された城

という予備知識だけで来てみました。

 

あまり期待していませんでしたが、予想外にしっかりした城で興奮しました。

併設された博物館も入場料200円と、とても良心的な値段設定です。

(でも閉館時間を過ぎていたので入場できませんでした)

あと、いわゆる歴女(歴史好きあるいは歴史通の女性を指す造語)らしき人が数人いて驚きました。

 

十万石まんじゅう

DSC03286
↑銘店

続いては、なんと十万石まんじゅうの総本店です!
(埼玉県行田市)

埼玉名物といえば、一般的には草加せんべいとか狭山茶が有名ですが、ネット的(主に2ch系)には、なんといっても十万石まんじゅうです。

DSC03288
↑銘店

当たり前ですが、店内はちゃんとした和菓子屋さんの雰囲気でした。


↑十万石まんじゅうのCM

風が語りかけます……

うまい…うますぎるっ……十万石まんじゅう……

埼玉銘菓、十万石まんじゅう…

埼玉県民のみならず、今や(ネット上では)日本全国で大人気のこのCMです。

DSC03291
↑銘店

うまい



すぎ

十万
石饅頭

いくらなんでも改行おかしすぎです。

DSC03289
↑銘菓

十万石まんじゅう 1つ105円。

店内で食べることもできます。

あんこがしっかり詰まっていて、それなりに美味しいです。

お茶を無料で頂ける……と思ったら、なんとコーヒーでした。

わざわざ突っ込みどころを用意してくれている気さえします。

DSC03292
↑銘店

外壁には、謎のフックがたくさんありました。

「十万石」ってのも、微妙に慎ましくて好印象ですよね?

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

川端酒造

DSC03293
↑酒造

続いて、通りすがりに発見した川端酒造へ。
(埼玉県行田市)

これはたまたま通りがかっただけで、何の予備知識もありませんでした。

DSC03294
↑お土産

大吟醸の酒粕を購入 1kgで450円。
いい香りです。

DSC03304
↑おやつ

帰宅後に甘酒にしました。

大吟醸ならではの、豊かな香りと味わいです。

 

さきたま古墳

DSC03295
↑観光地

そしてさきたま古墳の脇を通りました。
(埼玉県行田市)

けっこうガチな古墳なのですが、割と自由に見学できてしまいます。

 

次念序

DSC03300
↑銘店

夕食は、鴻巣市が誇るラーメン屋さんの次念序へ。
(埼玉県鴻巣市)

埼玉県でも上位人気のラーメン屋さんです。

でもひと頃に比べると、行列の人数が減ったかも。

IMG_1572
↑名食

つけ麺のあつもり 750円

おいしゅうございました。

 

カイタロウ君の家

DSC03301
↑ゲーム

最後はカイタロウ君の家で、スーパーファミコンで遊んでから解散。

意外と楽しめるものですね。

ってな感じの週末でした。

「地元には何もない!」と思っていましたが、ちゃんと観光する気になれば、意外と色々とあるのだという事を再認識しました。

中盛り上がりくらいですが、あまり混雑もしませんので、

まったりした週末を楽しみたい人は、たまには埼玉県に遊びに来てください。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-埼玉県
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.