無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カザフスタン

7/11高田延彦はカザフスタンのスーパーヒーロー

   

投稿日:

7/11に、アルマトゥからシムケントに向かう夜行列車での話です。

P1350478
↑電車

P1350487
↑電車内

6人で1つの部屋。

P1350490
↑部屋内

他の5人は全員現地人。
最初の数分間は、なんとも微妙な空気でしたが、
外国人観光客(日本人)とわかってからは、とてもフレンドリーな感じでした。
(きっと最初は、ただの無口なカザフ人と思われていたのでしょう)

青年2人が英語を話せたため、色々会話できました。

まず聞かれたのは地震と原発のこと。
チェルノブイリのときと状況が似ているからとても心配、との事でした。

P1350497
↑青年

アスハット君とサギナイ君。

ア:ブシドーって知ってる?

私:え?知ってるといえば知ってるけど、、なんの話ですか?

ア:タカダとか、ゲーリーオブライトとかが、、熱い戦いを、、、

どうやらUWFインター(日本の格闘技団体)の事です。
カザフスタンでは「ブシドー」という名前で放送しているようです。

「タカダ」というのは「高田延彦」の事ですね。
放送されているのは、たぶん1995年くらいの試合です。

takada
↑高田延彦(全盛期)

ア:タカダは強くて格好良くて最高だ!

サ:タカダのキックは凄くて、大体の敵は一撃で倒れてしまう!

ア:もう、、、とにかくタカダは俺のヒーローだ!アイドルなんだ!!

と、2人して高田延彦への熱い思いを語ってくれました。

ア:でもちょっと気になる事が、、、タカダは殺されたんだろ?

私:え?どうしてそう思うの?

ア:ゲーリーオブライトにスープレックスで殺されたんでしょ・・・・・・?
ア:みんなそう言ってるけど俺は信じない、、タカダはヒーローだから・・・・・・!

ここで私は大爆笑してしまいました。
今年一番の大笑いだったかもしれません。
(格闘技ファンにしか伝わらないと思いますが)

ob
↑ゲーリー・オブライト

ア:タカダは生きてるんだね、良かった。今でも戦ってるの?

私:もう引退しちゃいました。今では俳優です。

ア:俳優!?きっと凄いアクションスターになったんだね!!

私:残念ながら、、、コメディーです、、、

soutou
↑高田総統

それを聞いたアスハット君。
ベッドを降りて、両親に熱弁し始めました。
「タカダは生きていて、今は俳優をやっていて、、、」

オイオイオイ、そんなにビッグニュースなんですか?

サギナイ君によると、「ブシドー」はカザフスタンではかなりの人気番組で、
ほとんどの人が知っているそうです。
そして高田延彦は超スーパースターのようです。

いやー、これは予想外の展開でした。
高田延彦フィギュアとか持ってきたら、泣いて喜ばれそうですね。

P1350500
↑メモ

「ブシドー」と出場選手名を、日本語で書いてあげました。
大喜びしてくれると思いましたが、「ふ~ん」で終了。残念。

揺れている寝台で書いたとはいえ、これで書道3段というのもおかしな話です。

P1350502
↑部屋内

準備がいいですね。
テーブルに食材を広げて、夕食タイムのようです。

P1350503
↑夕食

高田情報を教えたお礼なのか、夕食をご馳走してくれました。
プロフ(炊き込みご飯)とかパンとか。
なかなか美味しかったです。ありがとうございます。

P1350504
↑部屋内

ア:タカダはゲーリーオブライトより強いよね?

まだまだ「ブシドー」の話は続きました。

P1350506
↑景色

21時頃、日も落ちてきました。

P1350507
↑おやつ

チャイもご馳走になりました。

他の話
・アスタナ大学の授業料は25000ドル(≒200万円)/年
・日本の大学生はとても勤勉で優秀なんだと思う、だって日本のテクノロジーは世界最高レベルだから
・アルマトゥの夜道は強盗が出るから危ない
・なんでくつを枕元に置いて寝るの?

P1350515
↑駅

シムケント駅に到着。
彼らとお別れして、私はホテルに向かいました。

いやー、楽しいっすね、中央アジア。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カザフスタン

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.