無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

トルコ

美しい馬の地

   

投稿日:

7月10日に、宿に戻った後の話です。

乗馬ツアー

を、申し込んでみました。
「カッパドキア」という地名は、「美しい馬の地」という意味だそうです。
そこで乗馬できるなら、そらやらにゃねぇ、というわけで。

P1260145
↑牧場

というわけで牧場に来ました。

乗馬ツアーの申し込みは、宿で行いました。
宿のおっちゃんが、送迎とかツアーの段取りをしてくれます。
2時間で料金は70トルコリラ(≒4200円)。

参加者は私一人です。
先生と私と馬2頭で、カッパドキアを散策します。

P1260153
↑馬

ツアー開始。
「経験者です」と事前に伝えていたためか、いきなり出発。
技量の見極めや、準備運動などは行いませんでした。

まずは山へ向かいます。

馬が興奮気味で、ちょっと心配ですが。

P1260161
↑景色

私の馬の名前はインジー。アラブのメスの4歳です。

P1260164
↑景色

18:00~20:00の2時間の騎乗です。
涼しくなるし、夕日が綺麗だしで、いい時間帯です。
どの時間にするかは、かなり融通がきく感じです。

P1260171
↑馬

すぐに横を向いてしまう先生の馬。
「この馬、興奮してるね。難しいね。」
と先生。

P1260195
↑街並み

ギョレメの近くにある、チャウシンという小さな村に来ました。

P1260193
↑街並み

P1260187
↑先生

コーラを飲んで休憩。
2人で5トルコリラ(≒300円)。

久々の騎乗+異国の地+馬が興奮気味
という条件が重なり、けっこう疲れました。

P1260201
↑景色

日本で習ったのと、馬の操作方法が少し違いました。
手綱を強く引くと、すぐに立ち上がってしまい怖いです。
停止方法が良くわかりません。

P1260208
↑景色

P1260226
↑景色

P1260232
↑景色

P1260244
↑馬

ずっと興奮気味の先生の馬。

P1260249
↑馬

P1260258
↑馬

ついに降りてしまった先生。

「この馬クレイジーだよ。ハハハ」

いや、笑い事じゃないですよ、先生。

P1260271
↑景色

一方、私の馬は比較的まともでした。比較的。。。

しかしちょっとしたきっかけで、駈足になってしまいました。
私の意志に反して、びゅんびゅん走ります。
馬の気持ちを落ち着けようと思い、手綱を緩めてみました。

・・・なんで加速しちゃうの?

ほとんど全力疾走。
そのまま村に突入してしまいました。
ヤバイ、このままでは非常にヤバイ。

子供が飛び出してきたら、確実にはねてしまいます。
しかも石畳の道。落馬したら命の危険もあります。

P1260286
↑帰りの車

どうにかして、なだめる事に成功。
怪我も落馬もありませんでした。ホントに良かった。。

そしてヘロヘロになりながら牧場に帰着。
牧場長に宿まで送ってもらいました。

今までで、一番スリリングでエキサイティングな騎乗でした。

でも、とっても面白かったです。オススメです。
しかし申し込みのとき、前もってリクエストする事もオススメします。

「おとなしい馬でお願いします」

と。

P1260289
↑夕食

シシケバブ 10トルコリラ(≒600円)
ヨーグルト 2トルコリラ(≒120円)
おいしいです。

そんな感じで一日が終了。
クタクタですが、楽しく過ごせた良い日でした。
おやすみなさい。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-, トルコ

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.