無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ルーマニア

ブカレスト散策とか

   

投稿日:

ちょっと時間をさかのぼって、写真付き記事です。
6月24日に、ブラショフの宿を出たところからです。

IMG_4977
↑ブラショフの旧市街

午前10時半ごろ出発。
まずは市バスでブラショフ駅へ。

P1240031
↑駅

2日ぶりのブラショフ駅。
ここでブカレスト行きのきっぷを購入。
38.8レイ(≒1048円)

・・・ここまでは順調だったのですが、電車が遅れてるそうです。

P1240033
↑朝食

ピザパン 2.5レイ(≒68円)
炭酸水 2レイ(≒54円)

パンはまずまずのお味。
炭酸水は、最初の一口はとても美味しいです。

P1240037
↑朝食

食べごたえがありそうなお菓子 4レイ(≒108円)
淡白なお味。

モシャモシャ食べながら、電車を待ちます。

P1240040
↑ホーム

電車は70分遅れで到着。
けっこう寒くて消耗しました。

P1240046
↑車内

結局、予定より2時間ちょい遅れての到着です。
いやー、観光する時間がなくなっちまっただよ。

P1240049
↑駅

久々のブカレストノルド駅。
前回はかなりビビってましたが、ルーマニアに慣れた今は、
全然怖くありません。
治安が悪い感じも、特にありませんでした。

P1240053
↑駅

ブカレストに着いたばかりですが、夜行列車で移動する予定です。
色々と探しまわって、この窓口で購入できました。

P1240054
↑きっぷ

ルーマニアのブカレストから、ブルガリアのソフィアまで。
乗車券 110.62レイ(≒2987円)
寝台料金 64.5レイ(≒1742円)

クレジットカードで購入できました。
このとき16時ちょい過ぎ。
電車の出発は20時。

それまで、街中を散策することにしました。

P1240056
↑地下鉄

自称税関職員の彼を思い出す。。

IMG_4988
↑国民の館

故チャウシェスク大統領が建てた宮殿。
官庁や宮殿のなかでは、アメリカのペンタゴンに次ぐ大きさだそうです。
確かに巨大です。

時間が無かったので、残念ながら外から見ただけです。
それはそれは豪華な内装らしいので、見てみたかったのですが。

IMG_5000
↑噴水

「噴水すげえよ!絶対に見たほうがいいよ!」
とそこらへんの人に教わり、ベンチで待つこと30分。
残念ながら水は出てきませんでした。

でも韓国人のキム君と友達になりました。

P1240059
↑デパート

P1240061
↑デパートの中

P1240060
↑お土産物屋さん

軽く買い物をして、キム君と別れて、ノルド駅に向かいました。

P1240070
↑国際列車

途中、地下鉄の乗り換えを2回も間違えたため、ギリギリの到着。
危なかった。。

P1240071
↑電車内

通路と部屋があります。

P1240072
↑車掌さん

P1240081
↑部屋

3段ベッドの部屋です。
なかなか快適。

P1240076
↑夕食

サラミとチーズのサンドイッチ 2.5レイ(≒68円)
ふわふわの甘いお菓子 4レイ(≒108円)

まずまずのお味。

P1240078
↑おやつ

ルーマニアのお金を使いきろうと思って、
しこたま買い込みました。

コーラと炭酸水と炭酸水とクロワッサンとドリトス 9.72レイ(≒263円)

そして電車は定刻どおり出発。
疲れていたので、とっとと寝てしまいました。

22:00ごろ、ルーマニアの出国手続き。
23:30ごろ、ブルガリアの入国手続き。
国境職員が電車に乗ってくるので、パスポートを預けるだけで手続き終了。
楽チンです。

というわけで、5日間のルーマニア旅が終了。
最初はかなりビビってたので、「あー、来るんじゃなかった・・・」
なんて思っていたのですが、予想外に楽しめました。

交通の便がいいので、旅しやすかったですし。
治安も悪いという感じはしませんでした。
(最初に少しトラブルはありましたが)

なんといっても、ペレシュ城が印象的でした。激オススメです。
田舎の村にも行ってみたかったなぁ。
というのが少し心残りですが、それはまたの機会にします。

さようならルーマニア。
寝て起きたらブルガリアです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ルーマニア

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.