無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

台湾

台北を離れられず

   

投稿日:

なかなか次の都市に行けません。
宿の共同スペースでは、クーラーを使い始めました。
これがまた快適で、なかなか動けないです

でもよく考えてみると、まだ台北について3日も経っていません。
ちょっと焦りすぎ?
というわけで、あと1日か2日は台北観光しようと思います。

↑ 問屋街。
宿から徒歩5分くらいのところに問屋街があります。
おもちゃも多数扱っているハズなのですが、おもちゃ屋さんはあまり見つかりませんでした。

・・・と思ったのですが、写真を見るとけっこうありますね。
また行ってみます。

↑ 台北駅付近の地下街。

↑ ゲーム屋さん。
中古買取などもしていました。値段は日本と同じくらいです。
Xbox360が人気っぽいです。

P1030565
↑ ハープ演奏のおっちゃん。

P1030569
↑ 西門町。
「原宿駅前の橋にいる人が着ているような服」を売っているお店もちらほら。
日本っぽいお店は、多く見受けられました。

ただ、「日本大好き少年少女たちのメッカ(地球の歩き方より引用)」という感じはしませんでした。
日曜日は歩行者天国になるらしいので、また行ってみようかと思います。

P1030573
↑ 万年百貨:台北の「おたく」ビル(地球の歩き方より引用)

P1030574
↑ 店内。
意外と普通。

P1030576
↑ トランスフォーマー。
おもちゃ屋さんもちらほらありましたが、それほど多くありませんでした。

P1030580
↑ ミリタリーショップ

P1030579
↑ 日本の雑誌。
こういうのを見ると、日本文化が好きなエリアなんだなぁ、と認識できます。

P1030578
↑ 日本の雑誌

P1030581
↑ ゲームセンター。
このビルの5階は、広いゲームセンターになっていました。
格闘ゲームを見学したのですが、なかなかハイレベルです。
さすが台湾ステップ(バーチャファイター2でしゃがみダッシュを用いた戦法)の本場ですね。

P1030582
↑ ゲーセンでPSPで遊ぶ人。
日本と一緒ですね。

P1030585
↑町並み。

P1030586
↑紅楼
日本統治時代初期に作られたそうです。なかなか趣があります。

で、このあたりを散策していたのですが、ちょっと違和感を感じるエリアがありました。
やたらと男性用下着の看板が多いです。
まー、最初は偶然だと思っていました。

オープンカフェがあったのですが、
男性の二人組みが多く、目がトロンとしている人が何人も居ます。

あれ???
そうだよね、きっとそういうエリアなんだよね???
僕はそっちの気はないので、引き返してきました。

宿に戻った後、気になって検索してみたら、予想的中でした。
・昼間から夜遅くまで〇〇だらけでにぎわい、とにかくいい眺め! ちょっと日本にはない感じの〇〇パラダイスです(某サイトより引用)

P1030589
↑ ゴミ収集車。

P1030591
↑ 台湾ビール。32元(≒96円)
宿に戻り、珍しくビールを飲んで寝ました。
飲みやすくて美味しかったです。

故宮博物院のハニーケーキ以来、食事をしていませんね。
おなかが減りました。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-台湾

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.