無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イギリス

ナショナルスタッド

   

投稿日:

9月30日に、国立競馬博物館を見学した後の話です。

IMG_2055
↑道

ニューマーケットの街中から、こんな道を延々と歩き、
ナショナルスタッドを目指します。

IMG_2064
↑目印

IMG_2062
↑門

約40分歩いて、ナショナルスタッドに到着。
超名門牧場です。

P1280716
↑ツアーバス

14時からの見学ツアーに参加しました。
料金は7ポンド(≒945円)。

公式ホームページを見て、昨日メールで申し込んでおきました。
英語のメールを書くのは苦手なのですが、
・名前
・9月30日の14時からのツアーに参加させて!
・私は日本人です!
って書いただけで、快く受け入れてくれました。

また、ニューマーケットのツーリストインフォメーションからでも申し込みできます。

P1280725
↑日本語のガイド

概要説明を印刷してくれました。

IMG_2069
↑馬

グランドナショナルを勝利したアンバリーハウス。

IMG_2073
↑アンバリーハウス

昨日はJRAの人たちが見学に来ていたそうです。
私も昨日来ていれば会えたのに。残念!
(会ったからどうこうという事も無いのですが)

IMG_2081
↑偉い人

安田伊差衛門で無いことは確かです。

IMG_2082
↑ミルリーフの像

IMG_2087
↑ミルリーフのお墓

IMG_2083
↑馬

IMG_2090
↑ネヴァーセイダイのお墓

ガイドさん:
これはレスター・ピゴットが、ダービー初制覇した馬としても有名です。
え、何?ピゴットを知らない!?ちょっとちょっと、冗談はやめてくださいよ。
あなたそんなに若いんですか!?

なんてやりとりがありました。
でも私はピゴット氏を知っております。

IMG_2093
↑種牡馬エリア

絶対に触らないでね、などの看板。

IMG_2094
↑柵

電気でビリビリするみたいです。

IMG_2099
↑ボハミアンバウンティ

かなり立派な種牡馬。

IMG_2103
↑フェニックスリーチ

ジャパンカップにも来てましたね。

IMG_2112
↑他の種牡馬

種牡馬は縄張り意識が強いので、個別の放牧場に入れているそうです。
そういえば、社台スタリオンステーションでも同様でした。

IMG_2121
↑ボハミアンバウンティ

散歩中のひとコマ。

IMG_2127
↑種付け施設

IMG_2133
↑種牡馬

POG本みたいな構図で写真を撮らせてくれました。

IMG_2143
↑子馬

来週の火曜日からセールが始まるそうです。
一頭どうですか?って薦められました。
毎年、モハメド殿下が超高額で落札していくそうです。

ずっと気になっていた「ギニー」という通貨単位について質問してみました。
主にオークションの時に用いる、イギリスの伝統的な通過単位だそうです。
1ギニー = 1ポンド1シリング = 1.05ポンド
端数の0.05ポンドは、手数料のようなチップのような存在だとか。
紙幣やコインは無いそうです。

IMG_2149
↑子馬を生む施設

IMG_2151
↑事務所

そんな感じで、1時間15分くらいの見学ツアーが終了。
大満足です。やっぱ競馬っていいですね~。

IMG_2152
↑アートギャラリー

何故か事務所に併設。
やや近寄りづらい雰囲気。

IMG_2153
↑看板

農機のクボタと提携してるっぽいです。

IMG_2164
↑競馬場

ナショナルスタッドの近所には、ジュライ・レースコースが。
アグネスワールドが勝ったのは、たぶんこの競馬場ですね。

IMG_2165
↑競馬場

お客さんの入りはぼちぼちのようです。

街へ戻ります。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-, イギリス

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.