無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/12-21はベトナム旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

小笠原

-, ,

3/24小笠原の『森歩きツアー』その1 動植物が凄いんです!! 興味深すぎです!!

   

投稿日:2019-04-01 更新日:

2019/3/24に、小笠原の父島をスクーターで散策した続きです。

昨日、小笠原ツーリストさんで『森歩きツアー(半日)』を申し込んでおきました。

料金は5,000円でした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

森歩きツアー


↑車

13:00に、小笠原ツーリストさんの脇から出発。

ガイドさん、ご夫婦、私の計4人です。


↑植物

小笠原の自然について、色々なことを教わりながら移動します。

私が昨日「バナナかな?」と思ったものは、『タコの実』という植物でした。

 

長崎展望台


↑看板

15分くらいで、長崎展望台に到着しました。


↑植物

すぐに景色を見に行くのかと思いきや、そうではありません。

まずは植物鑑賞です。

 

ホナガソウ


↑植物

これはホナガソウという植物です。

紫の花が見えますが、あれがちょっとずつ上に移動していきます(新しい花が咲いて、古い花が無くなる)

 

「いちどに全部咲いてくれてもいいのに、1つずつしか咲かないなんてケチだなあ」

ということから、ケチグサとも呼ばれているそうです。

 

乾性低木林


↑植物

正面の植物は背が低いですが、別の場所ではもっと高く育ちます。

環境によってずいぶん変わるようです。

 

っていう話が、メチャメチャ興味深くて面白かったんです!!!

そもそも小笠原が世界自然遺産に登録されたのも、『豊かで独特な自然の価値が認められたから』ですしね。

早くも「このツアーに参加して良かったなー」という気持ちになりました。

 

展望台


↑海

わー!! 海きれい!! 素晴らしい景色!!!

もちろん『単に景色を楽しむ』という行為も、とても楽しいです。


↑島

今いるのが『父島』で、あちらに見えるのは『兄島』です。

兄島は人が住んでいないし、かつて集落が存在したことも無いらしいとか。

上陸地点も限られているし、なんだか神秘的な感じがします。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動


↑山

次の場所に移動します。

松とかヤギとかの外来種の説明を聞きました。

元々は小笠原に存在しなかった動植物が、色々な経緯で入ってきて、問題となるケースがあるそうです。

ネコなんかもそうですね。


↑動物

なんて話をしてたら、ヤギの群れと遭遇しました。

もちろん野生です。

 

こういう場面でも、色々なことを教わりました。

雑学知識が無限に増えていく感じがして、とても楽しい充実感があります。

 

東平(ひがしだいら)


↑聖地

14:20ごろ、

東平アカガシラカラスバトサンクチュアリ

という場所に到着しました。

 

ここは貴重な鳥の保護区です。

フェンスで囲まれていて、ネコやヤギが入って来られないようになっています。


↑聖地

入場するときに、靴底や服をクリーニングします。

植物の種などを持ち込まないようにするためです。


↑看板

保護対象のアカガシラカラスバトは、脚が太くて、地面を歩きます。

昔の小笠原の生態系では、空よりも地上の方が安全だったから、この鳥は歩くようになったそうです。

『クロポッポ』とか『アカポッポ』という愛称でも呼ばれています。

 

そんな姿をぜひぜひ見てみたいのですが、なかなか難しいみたいですねー。

 

タコノキ


↑木

これはタコノキ(蛸の木)

小笠原の固有種です。

上から下に向かって、枝?根?がたくさん生えていき、自分を支えます。

 

日本どころか海外でも、こんな不思議な植物は見た事がありませんよ!

ガラパゴス諸島みたいに、『貴重な自然の存在』を、身を持って感じています。

 

まだまだ語りたいのですが、ここでいったん区切ります。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-小笠原
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.