無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タンザニア

-, ,

7/17ジャンビアニからストーンタウンへ戻る2 そしてフェリーに乗る

   

投稿日:2014-07-21 更新日:

7/17に、ザンジバル島ジャンビアニで、路線バスを待っている続きです。

DSC02158
↑子供

バス停で子供たちと遊びながら待ちました。

アメをあげたらとても喜んでくれました。

この不思議なポーズも、喜びの表現なのでしょうか?

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

子供たちと遊んでます

DSC02160
↑子供

「あの人がアメをくれるみたいだぞ」

という噂が一瞬で広まったようで、いつのまにか子供がたくさん集まってきました。

最初にアメをあげた子供が、それを隠してもう1回もらおうとしました。

「あなたにはもうあげたでしょ。ズルしたらいかんよ」

という表情をしたら、テレ笑いして可愛かったです。

DSC02161
↑子供

アメのお礼なのか、色々な体術を見せてくれました。

石段をジャンプで飛び越えたりします。

拍手をして喜んだら、全員が5回ずつくらい飛んでくれました。

一生懸命で可愛いかったです。

ところでアメを袋のままくわえている子供がいました。

「もしかしてその方が長く匂いを楽しめるからなの?」

と推測したのですが、実際は袋が開けられなかっただけでした。

IMG_5538
↑バス

10時にバス停に来たのですが、
10:38になってやっとバスが来ました。

DSC02163
↑子供

子供たちがバスを停めてくれたり、
お見送りしてくれました。

田舎って素朴な良さがありますよね。
やっぱりもう何泊かしたかったなぁ、、、

DSC02164
↑バス

バス内は大混雑でしたが、
ギリギリでなんとか座ることができました。

309番のバスでストーンタウンに戻ります。
料金は2000タンザニアシリング(≒120円)。

DSC02165
↑街並み

DSC02166
↑トラック

石を運んでいるのかな?

 

ストーンタウン

DSC02168
↑街並み

12:34、ストーンタウンに戻ってきました。
ジャンビアニから約2時間かかりました。

IMG_5540
↑街並み

1日ぶりのストーンタウン。
やっぱり賑やかですねえ。

IMG_5541
↑街並み

マサイ族っぽい格好の人が、
露店でアクセサリーを売っていました。

IMG_5542
↑バス

私はローカルな路線バスで移動しましたが、
旅行者向けのちゃんとしたバスもあるようですね。

IMG_5543
↑看板

ダルエスサラームに戻るので、すぐに港に向かいました。

「フェリー乗るの?チケット売り場はこっちだよ!」

と、旅行会社の人にたくさん声をかけられました。

でも正規料金に比べると、10%くらい高いです。

DSC02169
↑チケット売り場

港の中にあるチケット売り場。

たぶんここが正規のチケット売り場だと思います。

ザンジバル⇒ダルエスサラーム 35USドル(≒3570円)

これは外国人料金で、地元の人は23000タンザニアシリング(≒1380円)で同じ船に乗れるようです。

ちなみに他社だと20USドル(≒2040円)という船もあります。

でも時間が倍以上かかったり、本数が少なかったりで、ちょっとだけ使いづらいです。

DSC02170
↑パスポート

上のがタンザニアの入国スタンプと、手書きのビザ表示。
右のがザンジバル島の入島スタンプです。

DSC02171
↑港

出発まで2時間以上ありましたが、
Wi-Fiも使えるので、港でゆっくり過ごすことにしました。

DSC02172
↑港

最初に出島手続きをします。

自分では「しゅっとう」と書いたつもりなのですが、普通に読むと「でじま」ですよね。

大関を思い出します。

DSC02173
↑港

外国人用の一番安いチケットを買ったのですが、よく見たらビジネスクラスと書いてありました。

なので素晴らしい待合室が使えました。
Wi-Fiも電源も使えました。

DSC02174
↑街並み

乗船時間になりました。
さようならザンジバル島。

この段階になって、急ぎでこの島を出ることを後悔しました。

ヌングイ(北部)行ったり、刺身食べたりしたかったなぁ。。。

とてもいい島でした。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タンザニア
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.