無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イタリア

-,

1/3ヴェネツィア散策2 ついにゴンドラに乗りました!(トラゲットですが…)

   

投稿日:2014-01-04 更新日:

1/3に、カ・ドーロを見学した続きです。

IMG_8566
↑看板

トラゲット乗り場への看板です。

意識して見ると、町中にこの看板はけっこう多くありました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ゴンドラに乗ります

IMG_8567
↑街並み

こちらがトラゲット乗り場でございます。

『大運河の対岸へ渡るゴンドラ』をトラゲットと呼んでいます。

IMG_8568
↑看板

1回2ユーロ(≒290円)ですか!!!

高いです、、、いくらなんでも高いです、、、

せいぜい0.5ユーロ(≒73円)くらいだと思っていたのに、、、

IMG_8791
↑ゴンドラ

けっこう乗ってる人多いですね。

時間帯によって値段は変わるみたいで、
朝と夕方は1ユーロ(≒145円)で乗れるみたいです。

IMG_8792
↑ゴンドラ

こちらは普通の観光用ゴンドラ。

40~60分で、80~100ユーロくらいします。

やっぱりやめましょう、、、
トラゲットに2ユーロは高いです。

ちょっと歩いて橋まで行けば無料なんですから。

でもメモ帳に、
「また節約してしまった……」
と心境を書いたところで、目が覚めました。

IMG_8579
↑ゴンドラ

乗りましょう乗りましょう!

せっかくヴェネツィア来てるんですからね!

乗船するときにこちらの兄貴に現金で2ユーロ(≒290円)を支払いました。

IMG_8580
↑ゴンドラ

乗客が乗り終わったところで、対岸に向かって出発進行です!

観光用ゴンドラは1人で操縦しますが、
トラゲットは前後2人で操縦していました。

IMG_8793
↑ゴンドラ

あとお客さんも基本的には立ち乗りのようです。

IMG_8794
↑船着場

約1分くらいで、夢のゴンドラクルーズは終了です。

ですが一応、
ゴンドラに乗る!
という目標は達成できました。

 

「時間とかの都合で観光ゴンドラに乗れないけど、どうしてもゴンドラを経験したい人」
は、とりあえずトラゲットに乗ってみるのもアリだと思います。

ところでずいぶんお客さんが多いですが、
これって観光ゴンドラより儲かってませんか???

 

魚市場

IMG_8588
↑市場

カ・ドーロの対岸は、魚市場でした。

ここが今日の2番目の目的地です。

IMG_8590
↑市場

買っているのは主に地元の人でしょうか?

この辺りは観光エリアというよりも、
地元の人の生活エリアのようです。

IMG_8795
↑鮭

とっても美味しそうな色をしています。

でも刺身では食べませんよね、きっと。

IMG_8594
↑貝?

これは何でしょう??

IMG_8597
↑魚?

ウナギっぽいですが、たぶん違うと思います。

IMG_8598
↑市場

魚介類の他にも、果物とか野菜も売っていました。

IMG_8600
↑運河

IMG_8601
↑宮殿

さっき見学したカ・ドーロです。

確かにとても美しい外観をしています。

まわりの建物と比べても、
装飾の美しさが際立っていると思います。

IMG_8604
↑カニ?

また市場に戻ってきました。

これはカニのハサミの部分だけ売っているのでしょうか?

IMG_8606
↑タコ

欧米では一般的にタコは嫌われていますが、
イタリア人はよく食べるみたいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

また適当に散歩します

IMG_8608
↑運河

市場の見学もできたので、
ぶらぶらとヴェネツィア散策を続けます。

IMG_8610
↑小物屋さん

IMG_8612
↑広場

なんとなくサンタルチア駅方面に向かって歩いているつもりです。

IMG_8614
↑街並み

この階段の配置が、とても好きな感じです。

IMG_8619
↑パン屋さん

IMG_8618
↑パン

まさかパンに「可愛い」と思う日が来ることになるとは、、、

IMG_8628
↑人形

こちらは糸で操る人形のお店のようです。

IMG_8624
↑運河

さすがヴェネツィア。

どこをどう歩いても面白いです。

一瞬も飽きを感じません。

楽しすぎてヤバいです。

滞在を延長したくなっちゃいました。

つづく

 

【お知らせ】
これを書いているのはこの日(1/3)の夜なのですが、
1/4と1/5は全力で観光するつもりです。

できるだけブログも書こうと思うのですが、もし更新できなかったらごめんなさい。

悔いのないように頑張って観光したいと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イタリア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.